人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
シャーベット【sherbet】

国中国


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

シャーベットは、氷菓(アメリカ合衆国)あるいははじけるキャンディー(イギリス、ニュージーランド、オーストラリア)のことである。オーストラリア英語とニュージーランド英語ではシャーバート(sherbert)と呼ばれることがあり、しばしば米国でもシャーバートと誤認されている。シャーベットは、古くは発泡性または氷で冷やしたフルーツがベースの飲み物であったが、英国、米国、オセアニアで異なるものを意味するように変化していくに連れ、その意味(及びスペルと発音)は、三つの英語圏の国の間で分離していった。イギリスでは、米国のシャーベットに近い氷菓をフランス語からの借用語を用いsorbet(ソルベ)と呼びます。シャーベット及びソルベはどちらも、果物などから作ったシロップを水で薄め、氷で冷やした飲み物を意味するトルコ語の「シェルバット」(şerbat)またはアラビア語とウルドゥー語の「シャルバット」に由来している。「シャルバット」の語源はアラビア語で「飲む」を意味する「シャリバ」です。
シャーベットは甘くしたフルーツジュースまたはフルーツのピューレを凍らせて作る氷菓である。普通はシャーベットはソルベよりも材料が多く、普通、牛乳、卵白およびゼラチンのようなものを含んでいる。米国で言うシャーベットは乳脂肪分が1ないし2パーセント含んでいなければならない。また、アイスクリームよりも甘味料がわずかに多く含まれていなければならない。もしそうでなければ、乳脂肪分が多いか甘味料が少なければアイスクリーム、乳脂肪分と甘味料が少なければアイスミルク、もしくは牛乳がまったく含まれていないならばソルベとして販売されなければならない。米国のシャーベットは少なくとも1ガロン当たり6ポンド(720 g/L)の密度があり、フルーツなどの味がついています。
この氷菓は中国人によって開発され、それからアラブ商人に伝えられヨーロッパに広まったのだと考えられています。普通はシャーベットもソルベも、レシピとしては入れ替えることができるが、シャーベットには牛乳が入っているため、凍るのも溶けるのも遅い。ソルベはフランスで完成された氷菓であり、米国で有名になったのは割と最近のことです。ソルベの持つイメージにはシャーベットに無い高級感があるため、高級レストランのメニューにソルベはあってもシャーベットはまずありません。ソルベを作る過程で、ソルベが完全に凍る前に溶き卵と低脂肪乳を加えるとシャーベットができる。シャーベットはしばしば、低脂肪性の代替物としてアイスクリームと並べて売られています。

TOPへ戻る






TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ