人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
ザッハトルテ【Sachertorte】

国オーストリア


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

ザッハトルテ(独:Sachertorte)は、1832年にウィーンの菓子職人フランツ・ザッハが作り出した、世界で最も有名なチョコレートケーキであり、オーストリアの代表的な菓子(トルテ)です。ウィーンでは母音の前のsを有声化しないため、サッハートアテのような発音になります。
一般的な作り方は、小麦粉、バター、砂糖、卵、チョコレートなどで作った生地を焼いてチョコレート味のスポンジケーキを作り、アンズのジャムを塗った後に、表面全体をチョコレートでコーティングします。(スポンジを切り分けて、中にジャムを塗る場合もある)砂糖を入れずに泡立てた生クリームをたっぷり添えて食べるのがウィーン風。味の方も、甘いながらも後味もよく、何度食べても飽きない最高の味です。
1832年、ウィーン会議開催において、時のオーストリア宰相メーテルニヒは、製菓長として仕えていたコック、フランツ・ザッハーに「かつて誰も食したことの無いようなデザートを」という命令を出し、ザッハーは見事その期待に応えて作ったゲーキがザッハトルテです。そして、フランツの息子の代で今も有名なホテル・ザッハーを創業し、ザッハトルテの名は広く知られるようになりました。
しかし、後の世に「ザッハトルテ戦争」と呼ばれる事件が発生する事となった。 それは1930年代、ホテルザッハが経営難に陥った時、時の当主エドワルド・ザッハーがアンナ・デメルに助力を頼んだ事に端を発する。
デメルとは、ウィーンを代表するオーストリア王室御用達菓子司として200年を越える歴史を持ち、ハプスブルク家の紋章を今日もなおそのブランドマークとして掲げる程の伝統を持った名店。ザッハーはデメルよりの援助の見返りとして、そのデメルでもザッハトルテを作る事を許可した。
しかしエドワルドの死後、ザッハーの遺族側からデメルで使っていた“オリジナルザッハトルテ”という標示を中止するように裁判が起こされた。
ザッハー側からは、「正当なザッハトルテとは、ザッハのだ。そして裁判は長期にわたり、双方の証人として多くの歴史家、古文書学者、料理研究家が証言し、正当なザッハトルテについて証言した。
裁判は10年もの長期に及び、「どちらもザッハトルテを生産販売をしてもいいが、オリジナルの標示は、どちらか一方だけにする」という判決が1962年に出されこの裁判は決着した。
そして現在では、ザッハー、デメル双方で由緒あるザッハトルテを味わう事が出来、ウィーンを代表するお菓子として様々な店で楽しむ事が出来るようになった。しかし、オリジナルザッハトルテを名乗る事が出来るのは、ホテル・ザッハーのオリジナルザッハトルテのみである。
本場のザッハトルテを味わうには、ザッハーのザッハトルテを買うということになりますが、海外からの通販を利用したものでしか買うことが出来ない上に、高価な為にそうそう買う事は出来ません。しかし、ザッハーと並ぶザッハトルテの双璧であり、日本にも店を出しているデメルのザッハトルテならネット通販で買うことができます。


TOPへ戻る






TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ