人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
チョコレート【chocolate】

国イギリス


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

日本のチョコレートの歴史は、18世紀の長崎の遊女がオランダ人から貰った物を記したリストの中に「しよくらあと」として登場するのが最初でした。日本のチョコレート製造は、1878年に「米津?月堂」が初めて製造しまし。ただしこれは、輸入した原料チョコレートを加工したものでした。米津?月堂は、新聞に掲載された日本初のチョコレートの広告には貯古齢糖と漢字を当てていた。カカオ豆からの一貫生産は、1918年、森永製菓によって開始されました。戦争の影響により、日本では1940年までにカカオの輸入は止まり、百合根(ユリの鱗茎)などの脂肪分を利用した代用チョコレートが考案されました。 1945年、日本が太平洋戦争に敗れると、アメリカの進駐軍を通じて大量のチョコレートが日本にもたらされました。"Give Me Chocolate!" は戦後の日本人がすぐに覚えた数少ない英語表現の1つでです。 戦後の日本では、安価なものから高価なものまでさまざまなチョコレート菓子が販売されるようになり、1980年代から1990年代にかけてはトリュフなどの小粒な形状をした高級チョコレートが一般的に出回るようになりました。2000年代に入るとさらに高級かつ洗練されたチョコレート菓子が流行しました。 2004年頃には東京都内にヨーロッパ各国の高級チョコレート店が多数出店し、中には1粒400円から1000円という超高級チョコレートを取り扱う店も現れました。
バレンタインデーにチョコレートを贈る風習は、19世紀のイギリスのチョコレート会社キャドバリー社によって始められました。日本チョコレート・ココア協会が、日本でバレンタインデーにチョコレートを贈るようになったことをきっかけに「チョコレートの日」として記念日を制定し、1970年代に定着しました。また、バレンタインデーに、女性から男性にチョコレートを渡すという習慣は日本独自のものであるといわれますが、チョコレートを贈ること自体は特に日本だけの風習ではありません。ただし、欧米ではバレンタインデーに男性から女性に贈り物をするのが普通であり、必ず女性から男性へチョコレートが贈られる日本の習慣は欧米とは逆となっています。 ちなみに男性が女性に渡す日(お返し)はホワイトデーであるが、この習慣は世界的にはバレンタインデーほど普及していません。

TOPへ戻る






TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ