人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
シュトレン【Stollen】

国ドイツ


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

シュトレン(シュトーレンとも言う)は、ドイツのアドヴェントになくてはならない菓子です。ザクセン州(旧東ドイツ)のドレスデンが、このお菓子の発祥の地だといわれています。ブランデーなどに浸けておいたドライフルーツを、たっぷりのバターと一緒に練りこんで焼いた長細いパンであり、普通のパンと違ってかなり重くて日持ちがします。ドイツでは、パンというよりはお菓子、ケーキとして食べられ、自宅で作るほか、クリスマス・マーケットで買われる事も多いです。
シュトレンという名前は「坑道」を意味し、トンネルのような格好をしているためにつきました。粉砂糖をたっぷりまぶしてあり、これが幼子イエスを産着で包んでいるというふうに見たてられているようです。クリスマスを待つ4週間の期間であるアドヴェントの各週末に、イエス・キリストの生誕の日が近づいてくるというお祝いをしますがその際、身内や身近な友人とささやかにティーパーティをし、シュトレンを薄く切って賞味します。ドイツではクリスマスと言えばケーキではなく、シュトレンであると言えるほど、一般的です。

TOPへ戻る






TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ