人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
カステラ【castella】

国ポルトガル


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

名前の由来はスペインのカスティーリャ王国(Castilla)のポルトガル発音カステーラ(Castela)と言われています。この原型は、中国の点心の一つであるマーラカオ、沖縄のちいるんこうと呼ばれる蒸しカステラ類の始祖でもある可能性が高い。
カステラはオランダ(一時スペイン領になった事が等る)から製法を伝えられた為ポルトガル語「pao de Castela」(パォン・デ・カステーラ、カスティーリャ地方のパンの意)や中南米似た菓子のビスコーチョが由来とされる物や、カスティーリャ地方に似たお菓子はない為ポルトガルの焼菓子である「pao de lo」(パォン・デ・ロー)が製法的に似ている事から、こちらを始祖とする説も有り、日本独特の菓子に発展、創作していった為諸説有。
室町時代末期にポルトガルの宣教師によって長崎に伝えられたとされる。当初のカステラは卵、小麦粉、砂糖で作ったシンプルな物であり、ヨーロッパの菓子類としては珍しく乳製品を用いない事から日本に残る事が出来た。カステラにはオーブンの存在が重要であり、江戸時代まではオーブンに代替する天火の開発が進められた。岐阜県の恵那市岩村町に残るカステラ(松浦軒本店)は、長方形の型に水飴を入れない生地を流し込み、上下から木炭の火で焼いたと言う(現在はオーブンを使用)。あっさりとしてさっくりとしており、天火が本格的に開発される以前の古い形を残したカステラである。 尚、日本で最初にカステラを食べた有名人は織田信長であるとの説が広まっているが、真偽については定かではありません。
主流に於いては菓子製造の盛んだった江戸・大坂を中心にカステラの日本化と天火の開発が進められ、江戸時代中期には現在の長崎カステラの原型に近い物が作られている。長崎カステラの特徴である水飴の使用は明治以降の西日本で始められたと言われ、これにより現在のしっとりとした触感となりました。伝来当時、肥前国平戸の松浦家に於いて、南蛮菓子としてカステラが宴会に出された時、その味に馴染めず、包丁方がカステラを砂糖蜜で煮たと言う逸話も有り、これが上述の「カスドース」の原型になったと伝えられている。
カステラの製法は江戸時代の製菓書・料理書に数多掲載され、茶会でも多く用いられた。その一方で、カステラは卵・小麦粉・砂糖と言った栄養分の高い材料の使用から、江戸時代から戦前に掛けて結核等の消耗性疾患に対する一種の栄養剤としても用いられていた事もあります。こうした事例によって各地に広まり、近代を経て戦後の大量生産によって一般に普及しました。

TOPへ戻る






TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ