人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
カンノーロ【cannolo】

国イタリア


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

カンノーロは、イタリアのペストリー菓子です。カンノーロの発祥地はシチリア島であり、シチリアの菓子の中でももっとも有名なものの一つです。カンノーロは現在では一年中食べられますが、本来は謝肉祭を祝って作られる季節菓子です。イタリア系アメリカ人のデザートとしても大変人気が高い。
カンノーロの意味は「小さな筒」で、ラテン語の"canna"を語源としている。その語の代表的な意味は葦だが、竹やサトウキビの茎の意味もあります。ちなみに、かつてカンノーロを円筒状に調理するためにサトウキビの茎が多く利用されていました。現代でも、家庭内でカンノーロを調理する際はサトウキビ利用を続けている人もいるが、公共衛生観念からレストランや菓子店などの商業施設での使用は許可されていません。
イタリアのカンノーロは小麦粉ベースのパスタを薄くのばし、正方形に切ってから金属製の円筒に巻き付けて低温の植物油かラードで筒状に揚げた皮の中に、甘みをつけたリコッタ・チーズにバニラ、チョコレート、ピスタチオ、マルサラ酒(シチリア地方のワイン)、ローズウォーターやそのほかの風味のうちいくつかをまぜ合わせたクリームを詰めたものである。シチリア地方では羊乳製リコッタが使用されるが、そのほかの地方では牛乳製も使用されます。カンノーロがもともと季節菓子だったのも、冬の間羊乳の脂肪分などが増え、コクと旨味が増すからである。菓子職人によっては小さく切った果物の砂糖漬け(シトロン、オレンジの皮やマラスキーノ・チェリー)やズッカータ(Zuccata イタリア南瓜の砂糖漬け)を、クリームに混ぜたり両端に飾ったりします。シチリア地方以外では、リコッタではなくカスタード・クリームを使用する菓子職人もいる。皮の生地には砂糖、塩、重曹、シナモン、卵黄、マルサラ酒、ラードが入り、ココアを混ぜてチョコレート味にすることもあります。カンノーロの大きさはさまざまで、指よりも細い「カンヌーリッキ」"cannulicchi"から、シチリア島パレルモの南にあるピアナ・デッリ・アルバネージ(Piana degli Albanesi)特産の拳サイズのものまでが見受けられる。クリームを詰めると皮が水分を吸って湿ってしまうため、大きさに関係なく、食べる直前まで待ってから皮にクリームを詰めた方が、クリームの柔らかさと皮のパリパリ感の対比を最大限に楽しむことができる。注文を受けてからクリームを詰めたカンノーロを特に「カンノーロ・エスプレッソ」(cannolo espresso)と呼びます。

TOPへ戻る






TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ