人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
チュロス【Churros】

国スペイン


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

チュロスとは、星型の搾り器から搾りだされた生地を油で揚げ、ハチミツ、砂糖、シナモンなどをまとわせたスペインの揚げ菓子のことです。形は真っ直ぐと湾曲したものがあり、代表的な食べ方は、塩味のチュロスをチョコラーテ(ホットチョコレート)につけて食べます。(Chocolate con churros)その他にカフェ・コン・レーチェ(スペインのカフェオレ)につけたり砂糖をつける食べ方もあります。
チェロスの誕生は、オスマントルコがスペイン領土に攻め入ったころに誕生したという説があります。チョコレートの語源もチョコラーテの英語読みで1500年代後半にスペイン人によって甘い飲料として登場し、現代の食べるチョコに変化していきました。スペインでは今だに飲料やチュロスにつけて食べています。
スペインではチュロスは朝食です。あるいはお酒を飲んだ時に食べる軽食です。チュレリア、チュロテリア、チョコラテリアと呼ばれる専門店やレストラン、屋台、バル(スペイン版居酒屋)等で売っています。 日本の遊園地等で見られるチュロス的なものはアメリカのチュロスそのものです。(アメリカはメキシコチュロスをアレンジしたと思われる)ドーナツ店やパン屋でみかけるものは日本独自のドーナツと言わざるを得ません。チュロスはスペイン語で「誰でも簡単に作れる」という意味があるらしいのですが、家庭で作るよりもチュロスだけ買ってきて自分の好みのメーカーのチョコラーテだけを作り、つけて食べるのが一般的です。

TOPへ戻る






TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ