人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
ゼリー【gelee】

国フランス


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

ゼリー(英:jelly、仏:gelee ジュレ、独:GeleeあるいはGallert)とは、果汁やワインなどに砂糖などで甘味を加え、ゼラチンなどを添加して固めたものを言います。
現代の英語ではjellyと表記されていますが、1381年の英語における初文献には"gele" という記述が見られます。ゼラチン、ジェラータ、ジェルの語源でもある、ラテン語のgelare(ゲラーレ、「凍る、固まる」の意)が由来ではないかと考えられています。フランス語のジュレも同じ語源から来ています。
菓子において「ジュレ」として広く用いられはじめたのは、18世紀末から19世紀初頭、王政華やかだったフランスが革命を経て変遷していく時代、著名な料理人であり製菓職人でもあったアントン・カレームによると考えられています。当時の製菓用ゼリーには専らゼラチンが用いられていました。冷蔵技術の発達した現代のゼリーが水分に対し約3%のゼラチンで作られているのに比べ、当時は1.5?2倍の量が用いられており、しっかりした食感であったと考えられます。

TOPへ戻る



ブルーリボン
「とんねるずみなさんのおかげでした」の「食わず嫌い」で「お土産ベスト20」の第1位となった市川染五郎さんのおみやげ"ふるふるゼリー"のお店です。





TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ