人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
スコーン【scone】

国イギリス


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

スコーンは、イギリスのスコットランド地方で生まれたパン菓子で、粗挽きの大麦粉を使って型抜きをせずそのまま焼いたバンノック[bannock]というお菓子の系統を引く、ビスケットの一種でしたが、19世紀半ばにベイキングパウダーやオーブンの普及によって、現在の形に近づいていきました。
  基本的な作り方は、小麦粉、ベイキングパウダー、塩、砂糖、バター、牛乳をベースにした生地をこね、抜き型で丸く抜き、オーブンで焼いたものです。オーブンのない時代は、グリドル[griddle]と呼ばれる厚手の平らな鉄板を用いて、生地の両面を焼いたといいます。このグリドルは、オーブンのない時代には、平たいパンを焼くには欠かせない道具でした。
スコーンの名前の由来は、スコットランド宮殿にあった「The Stone of Scone(運命の石)」という石からつけられているようです。スコーン城で歴代の国王の戴冠式(たいかんしき)で使われた椅子の土台にあたる石に形が似てるとのこと。(今はエディンバラ城に置いてあるようです)これにあやかり、今では、スコーンの形は石を連想させる形に焼き上げられることが多いし、その神聖な形からナイフは使わず、縦に割らずに手で横半分に切って食べるのがマナーだといわれています。
スコーンはイギリス全域に広まり、その地域で人々に食べやすいスタイルで浸透していったようです。18世紀後半になると、上流階級で流行した“アフタヌーンティー”には欠かせない食べ物のひとつになりました。
アフタヌーンティーに欠かせないスコーンには、赤いジャムとともにクロテッドクリームが添えられます。このクロテッドクリームは[clotted]凝固したクリームという意味です。イギリスの酪農地帯であるデボンシャー地方の特産で、乳脂肪の高い牛乳に低温の熱を加えて冷まし、上に固まって層になっているクリームをすくいとったものです。乳脂肪は、クロテッドクリームが約60%、バターが約80%、生クリームが約45%で、バターと生クリームの中間くらいです。濃厚なのに、口の中で溶けやすく、意外と爽やかな味わいをもつものです。スコーンやマフィンにつけて食べるのが主ですが、ケーキ作りでバターのように使ったり、料理用のソースなどで生クリームのかわりに使うこともあります。

TOPへ戻る






TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ