人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
ビスコッティ【Biscotti】

国イタリア


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

イタリアの代表的な焼き菓子、ビスコッティ。ビスコッティとは、「2度焼いた」という意味のイタリア語で、イタリアの固焼きビスケットのこと。正確には、イタリアはトスカーナ地方の郷土菓子で、カントッチョと呼ばれ親しまれている。
この素朴な菓子は、オーブンで焼いたものを、一度取り出して荒熱を取り、その後、一口サイズに裁断したものを、再度(ビス)焼いて(コット)作られる。水分がほとんどなくなるため、非常に固い反面、長期に保存が効く。
そのまま食べてもよいが、コーヒーやワインに浸して食べるのが通例。例えば、イタリアのParto(プラート)では、ビスコッティを VinSanto(ヴィン サント)と呼ばれるお酒に浸して食べるのが一般的。
また、イタリアの朝食はかなり軽めで、コーヒーやカプチーノにビスコッティだけという場合も多い。裏を返せば、非常にコーヒーに相性が良い菓子ということ。
家庭でも比較的簡単に作れる焼き菓子だが、ネットで気軽に注文するなら、スローフードと本質的な価値にこだわる店長が経営するカフェ「ピアット」がいいだろう。
特に、「匠(たくみ)ビスコッティ・カフェ・クラシコ」と名づけられた商品は、コーヒー豆を混ぜ込んだ素朴な生地に、アーモンドを練り込み焼き上げられている。 イタリアで出会った食感を大切に、丁寧に仕上げられた一品。コーヒーやカフェラテに浸して食せば、ビスコッテイの香ばしさと適度な甘みが、コーヒーと相まって絶妙な美味しさが口に広がる。伝統的な製法のビスコッティでカフェタイムを楽しみたい。

TOPへ戻る



ピアット
ビスコッティのオススメのオンラインショップです。洋菓子界の匠(たくみ)長尾シェフはお菓子作りで妥協を許さないため、決して人任せ、機械任せにせず全て「ひとり」で作り上げているのです。天気による湿度の違いや窯の温度の微妙な変化に常に気を配り、決して「窯(かまど)」の前を離れようとしません。「全てに目が行き届く小さな窯が、おいしいお菓子作りに欠かせないのです」とシェフ一度に焼ける数はわずか。




TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ