人気スイーツランキング

人気スイーツランキング スイーツランキング お取り寄せスイーツ 有名パティシエの紹介 スイーツのお店の紹介 スイーツの歴史・由来

菓子 レシピ
バウムクーヘン【Baumkuchen】

国ドイツ


1.歴史・名前の由来
2.レシピ
3.おすすめサイト

バウムクーヘン、またはバウム(ドイツ語:Baumkuchen)は、ドイツのザクセン=アンハルト州で生まれた焼き菓子で、中心にドーナツ状の穴があり断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキである。名称は、ドイツ語で木を意味するBaum(バウム)と菓子を意味するKuchen(クーヘン)に由来する。 バウムクーヘンは製法が特殊なため普通のオーブンでは作れず、バウムクーヘン専用のオーブンが存在する。専用オーブンは、生地を巻きつけるための芯と、芯を自動的に回転させる装置が上部にあり、下部に生地を焼き上げるバーナーが据え付けられている。庫内が密閉され壁面からの輻射熱を利用する一般のオーブンと異なり、開放型で直火で生地を焼き上げる。 生地は、バター、卵、砂糖、バニラ、マジパン、ラム酒、水などで作られる。芯になる棒の表面に生地を少量かけてバーナーで焼くと、表面が焦げた厚さ1?2mmの薄い層ができる。焼けた層の上に生地をかけながら焼く事を繰り返し、薄い層を10?20層程度つくる。焼きあがった後に芯を抜いて輪切りにすると、バーナーで炙った際に出来たこげと内側の白い部分が層状に表れ木の年輪のように見える。 日本でのバウムクーヘンの人気は高く、本家ドイツでの人気を上回るほどともいわれる。カステラと並び、日本人に好まれたケーキ類である。日持ちがすることから、保存食(非常食)や結婚式の引き出物などとして好まれる。本来は天然の新鮮な素材で作られるものだが、食品工業の発展に伴い他の菓子と同様に、安い食材(バターの代わりの植物油、人工の香料)を使用したバウムクーヘンもどきが現在の日本では広く流通している。

TOPへ戻る






TOPへ戻る
人気取り寄せ

【小樽洋菓子舗ルタオのドゥーブルフロマージュ】

人気取り寄せ


人気取り寄せ